大人になってからインビザラインをしよう

歯の矯正は、保険が適用されることはほとんどないため、治療費が高額になります。昔から一般的な矯正の方法はワイヤー矯正です。歯にワイヤーをつけて歯並びを治していきます。歯が生え変わった小学生くらいの小さな子供もワイヤー矯正を、行う人が多いです。ワイヤー矯正は、歯磨きをするときや食事の時などに取り外す必要がないです。しかし、口を開けた時に、ワイヤーが見えてしまうというデメリットがあります。社会人になると、ワイヤー矯正をすることが恥ずかしいという人も多いです。人から矯正をしていることを分からないようにしたい人はインビザラインという方法があります。歯磨きや、職場の時には取り外しをしなければいけませんが、歯の形に合わせた透明なマウスピースを取り付けることで歯並びが徐々に綺麗になっていきます。はじめは違和感を感じますが、数日で慣れてきます。

インビザラインの治療費

歯並びを治すために、矯正をしている人は多いです。しかし、矯正は治療費が高額になるため、どのくらい費用がかかるのか確認をしましょう。矯正クリニックによって料金は異なります。矯正が終わるまでには何年もかかることが多いため、信頼のできるクリニックを探しましょう。人から矯正をしていることを分からないようにしたいという人は、インビザラインを行っているクリニックで治療をしましょう。インビザラインは、ワイヤー矯正と違い、口を開けても矯正をしていることが分からないです。定期的に歯の形に合わせたマウスピースを作らなければいけませんが、営業や、受付などの仕事をしている人でも、口を開けることを気にせずに働くことができます。治療費は歯並び状態によって異なりますが、トータルで50万円以上かかることが多いです。歯並びが悪いと100万円くらいかかることもあります。

歯の矯正方法の1つであるインビザラインの特徴

人は産まれてから徐々に歯が生え、やがて生えそろうことで食べ物を食べることができます。ですが平等に生えるわけではなく、人それぞれの歯の生え方があり歯並びには大きな違いが出てきます。あまりに歯並びが乱れている場合であれば、かみ合わせなどにも影響がでてくるため歯の矯正を行う人は多くいます。本来歯の矯正はワイヤーを使った物が一般的ですが、見た目などが気になるという人も少なくありませんでした。そんな人におすすめな歯の矯正方法としてインビザラインがあります。矯正を行う際に使うのはワイヤーではなく、透明なマウスピースになります。そのためつけていても人にばれることがなく、使っている本人も違和感なく使用できます。またワイヤーの場合は金属アレルギーがある人では使用することができませんでしたが、インビザラインであれば金属は使用しないのでアレルギーを心配する必要もなく安心して使用できます。

インビザラインが50万円、都内随一の低価格です! 診療と予約の無駄を徹底的になくし、低価格の矯正治療を実現できています。 前歯の隙間が気になる方、部分矯正10万。 矯正治療、裏側矯正、インビザライン(マウスピース矯正)、審美治療 土日は9時半から13時までと、14時半から18時までで、土日診療可能の歯科医院です。 通院に便利な新宿です!新宿3丁目駅C8出口出てすぐ! インビザラインを使用した矯正治療ならオーラルデザイナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)